産後の食事は気を付けよう

産後の食事で注意したいこと
さてここまで産後の食事が大切で、どうすればいいのかについて紹介していきました。ですが、注意することについては、何も紹介していませんでした。このまま何も知らないままではよくないので、注意点をポイントごとに説明していこうと思います。
産後の食事の注意点
身体を冷やすような冷たい食べ物はよくない
揚げ物など脂肪分が多い食事はよくない
炭水化物抜きはよくない
アルコールやカフェインはよくない
以上が産後の食事で注意したいことになります。こうしてみると少し多く感じるかもしれませんが、これもママの身体や赤ちゃんのためでもあります。では、一つ一つ確認していきましょう。
身体を冷やすような食べ物はよくない
まず、身体を冷やすような冷たい食べ物はよくない、についてです。一般的にも身体は冷やさないほうが良いと言われていますが、産後の回復状態のママにとって、身体を冷やしてしまうのは特によくないです。
アイスクリームのような冷たい食べ物や、フルーツなども身体を冷やしてしまうため避けるようにしましょう。
揚げ物はよくない
続いて、揚げ物など脂肪分が多い食事はよくないことについてです。唐揚げやポテトなどの揚げ物はおいしいんですが、産後のママにはよくないです。
脂肪をとりすぎると、血流の悪化につながります。母乳にも影響が出るかもしれません。脂肪分の取りすぎには気を付けましょう。
炭水化物抜きはよくない
次に、炭水化物抜きはよくない、についてです。炭水化物はご飯やパンなど、いわゆる主食に多く含まれています。炭水化物は体内で消化された後、エネルギーとして利用されます。そのため、炭水化物を抜いてしまうと、エネルギーが得られません。体力回復どころの話ではなくなります。
体力回復どころか、日々の活動をするための体力も心配になってしまいます。ダイエットをするからと言って、炭水化物は抜かないでください。ちゃんと食べましょう。
アルコールやカフェインはよくない
最後は、アルコールやカフェインはよくない、です。なぜかというと、母乳からアルコールやカフェインが出てしまったら大変なことになるからです。少量ならママの身体で分解できますが、それでもあまり良いとは言えません。極力避けるようにしましょう。